リウマチの和らげる方法|リウマチって何か分からない人は原因やなりやすい傾向にある条件を知っておこう

リウマチnet

関節リウマチを和らげるには筋肉や関節をちゃんと使うことが大切

リウマチとどうやって付き合っていくのかが重要

リウマチは手足のこわばりや痛みがひどくなっていくと運動自体が億劫になってしまいます。なので、そうなる前にリウマチの痛みを改善したり、上手に付き合っていくことが大事になってきます。このページではリウマチの痛みや腫れを和らげる方法、そして診療の流れを紹介していきますね。

関節リウマチの診療の流れ

予約・受付

世田谷の病院に予約ができるところがあれば、予約をしておくとよいです。病院に到着したら内科か整形外科にいきましょう。もし、リウマチを専門的に診ているところがあればそちらで構いません。

診察

まずはお医者さんから問診を受けます。この時に詳しい症状をなるべく正確に伝えおきましょう。この時に詳しく伝えておくと、お医者さんが診断する時に判断材料になります。その後に触診に移ります。

検査

主な検査内容は、生体検査と血液検査です。生体検査とはレントゲンや尿検査などをします。血液検査では採血をして、2つの検査結果と詳しい症状からお医者さんが診断を行います。

治療計画

リウマチの治療計画は、一人一人の生活に合わせて検討していきます。リウマチの症状や重さ、本人の仕事や家庭環境などから、患者と相談をして治療計画を一緒に建てていきます。

治療開始・定期受診

関節リウマチの治療方法には、点滴や内服、注射薬が挙げられます。リウマチの症状や本人の生活に合わせて、数週間に1度定期的に受診をします。その際に症状のチェックや効き目、副作用を見ていきます。その中でより効果的な治療を選択し、時には今後の診療内容などを変更していく場合もあります。

リウマチの和らげる方法

診察

腫れているなら温めるか冷やす

関節リウマチで腫れがある場合は、温めたり冷やしたりする処置を行うことがあります。これは家庭でも気軽に出来るのでおすすめです。リウマチの腫れがひどくを熱を感じるのであれば、必ず冷ましてください。腫れがそこまでひどくない場合は、血行を良くするためにぬるま湯で温めると良いです。血行をよくすることで関節近くの筋肉のこわばりが緩和されていきます。朝のこわばりは、手足を10分間ぬるま湯につけると血行が促されます。痛みが激しい場合は、温めたり冷やしたりを1分ずつ4回ほど交代して最後にぬるま湯で3分ほど温めると良いでしょう。

ほど良い運動

関節リウマチの症状が無い時に限って、軽く運動することもおすすめです。関節の痛みや腫れで、なかなか動くことが苦手になってくる患者さんが多いですが、動かないと筋肉が弱ってしまい、関節を支える筋肉量まで低下します。そこでおすすめなのが水中ウォーキングです。水の中だと浮力があるので、関節に負担をかけずに筋肉を鍛えることができます。ぜひ体調が良好の時は世田谷のスポーツクラブやプールなどで試してみてくださいね。

歯磨きと喫煙

リウマチの症状が重くなるにつれて、抗CCP抗体というものも増える傾向にあることが最近判明されています。この抗CCP抗体は歯周病と関係しているので、歯を綺麗に磨くようにしておくことはとても大切です。
それから、喫煙はリウマチの治療効果を低下させてしまう恐れがあるので、煙草は控えるのが賢明です。また、煙草を吸うことで肺に関係する病気を起こすリスクも伴います。

広告募集中